体臭がきつい人のほとんどが、野菜をあまり食べていない事実

体臭がきつい人のほとんどが、野菜をあまり食べていない事実

汗は食べた物に影響するので、わきがも食生活と深い関係があるのはご存知でしょうか?

 

体臭がきつい人のほとんどが、野菜をあまり食べていないという事実があります。肉や乳製品、ファストフードに偏った食事ばかりをすると、わきがを引き起こすアポクリン腺が刺激されます。また辛い物を食べると汗が出やすくなります。同時にアポクリン腺も刺激されるので、キムチなど唐辛子を使った料理、カレーなどスパイスが多い料理は控えるのが良いです。

 

日本人は最近は食事が欧米化しているので、洋食を食べる機会が増えました。洋食はメインとなる食材に肉を使っていることが多いので、和食中心の食生活に切り替えることで体臭を改善することができます。基本的にバランスのとれた食事をすれば問題ありませんが、腸内環境を良くする食べ物を積極的に食べると、内臓機能が向上してわきがも抑えられます。

 

腸内環境を良くするのは食物繊維や乳酸菌を多く含む食べ物です。食物繊維は野菜やきのこ、海藻に多いので、和食を意識すると比較的簡単に摂取できます。納豆にめかぶを混ぜたり、味噌汁に豆腐やワカメを入れるだけなので毎日の食事に取り入れることが可能です。

 

特にめかぶにはフコイダンがたくさん入っているため、アンモニアや硫化水素といった悪臭の原因となる成分を包み込んで、便と一緒に排出してくれます。乳酸菌はヨーグルトや漬物などで摂取できます。キムチも発酵食品で乳酸菌が豊富ですが、唐辛子も多いのでできれば避けるのが良いです。

 

調理油や調味料にもわきが対策となるものがあります。オリーブオイルはオレイン酸が豊富で、酸化しにくいのが特徴です。油は脂質を含むので酸化すれば臭いがきつくなりますが、オリーブオイルは肉や乳製品のような動物性脂質ではなく植物性脂質です。バランスの良い食生活には脂質も重要なので、良質な油で補給します。血行を良くする作用があり、皮膚が酸素不足で汗の臭いが強くなるのを防ぎます。またお酢は、腸内で有害となる細菌を減らすことができます。

 

抗菌効果もあり、口の中や消化器官で雑菌を排除するので、臭い全般に有効です。アルコールを飲んでいる人は、禁酒することでわきがを改善できます。アルコールは代謝する時にアセトアルデヒドに分解されますが、これが血液中で増えると肺や皮膚から排出される時に臭いを放出します。特にお酒に弱い人はアルコール代謝も悪いので飲まないようにし、強い人であっても水分をきちんと摂って代謝をサポートします。

 

クリアネオの口コミ