お酒の飲み過ぎは体臭が強くなる原因となる

お酒の飲み過ぎは体臭が強くなる原因となる

お酒の飲み過ぎは以下のような理由で、体臭が強くなる原因となります。まずアルコール自体が持つ臭気があり、これは人間の嗅覚を刺激し易い性質を持っていて、所謂酒臭さとして飲んだ人の周囲が感知するものとなります。

 

次にアルコールには血管を拡張させたり体温調整に関する機能を刺激する事によって、急激な発汗を促し易くなるという作用があります。急な発汗による汗はそうでない場合と比べて臭気が強くなる傾向にあり、体臭が強くなる一因となります。

 

更に分解の段階で生成される物質であるアセトアルデヒド・酢酸等も、臭気を有しています。これらは大半は尿から排出されるものの、水溶性の性質を持つ事から一部は血中に取り込まれ、そこから汗と共に排出される際には体臭の一因となって来ます。

 

これに加えて、お酒を飲む際にはつまみを食する事が一般的ですが、香辛料や大蒜を効かせた料理が合うものです。これらの中にも体内に取り込まれた場合に強い臭気の一因となるものがあります。これらの条件が複合的に重なる事により、お酒の飲み過ぎが臭いを強めてしまうのです。しかも飲んだ本人においては一部の感覚の抑制が齎らされたり、尿の臭いの強さのほうが自覚し易いといった状況に陥る為に、自覚の無いものとなるケースが多いのも問題です。

 

最も、ここまでの事については一時的な影響に留まる事と言えます。厄介なのは持続的に臭いが強まる事も考えられるという点であり、継続的な習慣としてのお酒の飲み過ぎが一番に考えられます。習慣的な飲み過ぎはアルコールの分解役を担う肝臓の不調に繋がりやすい事は一般的に知られていますが、これが体臭を強める要因となります。お酒由来では無い解毒を要する物質の分解までもが、処理能力の低下で遅れる事に繋がるのが理由です。

 

アルコール以外の要因も複合的に重なって来る事から、個々人によって臭いの元となる物質構成の差が大きくなり、臭いの傾向も異なって来ます。生活習慣の中から齎されるものである事も重なり、臭いを発する本人がこれに慣れてしまったり、加齢臭の延長といった形でやや的外れな認知の仕方をする事もあります。

 

よって体臭の強さに対する自覚が薄い・無いといった状況に繋がって来るのです。

 

何れにせよ、お酒の飲み過ぎが体臭を強め易い方向に働く事は間違いありません。また他の複合的な要因についても生活習慣由来のものが多く、一部は飲酒の習慣と深く関わっています。臭いの強化を防ぐ為の対策としてはアルコールの分解を体内でスムースに行えるようにする事が第一であり、アルコールの許容量を守ったり休肝日を設けるといった、一般にも知られる飲み過ぎ対策をそのまま適用するのが効果的と言えます。また近年は一部の食物由来の成分に、臭いを強化するメカニズムにおける対策になるものが存在する事が解り、そこから加工されたサプリメント商品等も開発されています。過度の信頼は禁物ですが同時に二日酔い対策にもなり得るので、利用してみるのも良いと言えます。